読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

soueggs’s diary

社会不適合者たちの駄文交換会

過去の日記_1

2号

7年前、はてなに投稿した日記が発掘されたので、ここに納品します。

2011年某日のことで、結局この原チャは返ってこなかった。

 

 おととい、バイト中に鍵さしっぱにしてたら原チャを盗られた。なくして初めて知る大切さというものを今かみしめている。このことを忘れないために、この原チャについて少し書き残しておこうとおもふ。
 僕の原チャ(Dioシルバー)を買ったのはかれこれ4年前。ボブとかアンソニーとかいろんなあだ名をつけていた。彼とはあちらこちら駆け巡ったけれど、やはり遠出が思い出される。
 東広島在住の******はよく彼とともに広島市内へ行った。すぐ横を抜いていくトラックにぶつかられそうになりながら、どれほど国道2号線を駆けたことか。バンドメンバーたちが車を持っていない時期なんか、アンプヘッドを股に挟み、エフェクターケースを膝に乗せ、ベースを肩で担ぐというトンデモな出で立ちで片道1時間かけて市内のライブハウスに通った。
 冬、深夜にライブが終わった後の帰り道は、雪の中で凍えそうやったなぁ。寒いよジョンと問いかけると、元気出せよ、なんていいながらクラクションをプップーなんて鳴らしやがって。かわいいやつだった。
 好きな子に会いに呉まで1日で2往復した日もあった。「少し考えさせて」という女の子の答えに戸惑いながら帰路についている僕に、Only God knows,brother!と声をかけてくれたボブの頼もしさと言ったらなかった。
 僕は彼を本当に大切にしていた。1000キロに一度のオイル交換は欠かさず、タイヤも交換し、ミラーが割れれば交換し、点検にもちょくちょく出して、今年に入ってから7万以上メンテナンスにつぎ込んだほどだ。エアフィルターやバッテリーの調子もこまめに確かめていた。
 なのにだ。どっかのチ●カス野郎はそんなこと気にもとめず好き放題乗り回してるんだろう。息絶えろ。マジで。どんだけ大切に乗ってきたか知らんやろお前。なめとんのか。
 まぁ社会の厳しさをなめとったのは鍵さしっぱにしてた防犯音痴のおいらなんだけどね。ごめんよジョニー。二度と鍵外し忘れたりしないから、お願いだから戻っておいで。ボブ。帰ってきたら、また広島市まで行こうね。